ドライバーの種類を把握しておく

トラックドライバーの種類を把握しましょう

一口にトラックの運転手、といっても実際にはたくさんの種類があります。小さいものでは軽トラックから、トレーラーなどの大きなトラックがあります。また、必要な免許も車種によって当然ではありますが変わってきます。例えば大型免許を持っていれば大きなトラックを運転することができますが、トレーラーはけん引免許を持っている人でなければ運転できません。

また積荷によって使用するトラックも変わってきます。例えば鮮魚を取り扱うのであれば保冷車、大きな建材を取り扱うのであれば4トンの箱車といった具合です。そして運送ルートもドライバーによって大きく変わってきます。市内近郊の集荷・配達をするのか、大型やトレーラーでチャーター便として長距離を走るのか等があります。

求人に応募する前に確認しておきたい事。

会社によって差はありますが、一般的には大きいトラックであり、長距離担当であるほど給料が高くなる傾向があります。たくさん稼ぎたいのであれば長距離のトレーラーに狙いを定めるのが良いでしょう。ただ一つ、求人に応募する際には「荷積み・荷下ろし作業があるのかないのか」を確認しておくことをおすすめします。会社によっては運転手自身が荷積み・荷下ろしまで担当する場合があるからです。

トラックドライバーは乗用車を運転する時とは違った緊張感を常に持って運転します。長距離になればなるほど、疲労も蓄積します。その中で自分自身で荷積み・荷下ろしをするとなると体力が心配になってきます。また、荷下ろしをする関係でトラックの免許とは別に、フォークリフトの免許が必要な場合もあります。もし新たに免許取得の必要があるのであれば、その費用は会社持ちなのか自費なのかどうかについてもしっかり確認しておいた方が良いでしょう。

ドライバーの募集は数多くあります。自分に合う会社を探すのは大変ですが、給与や待遇など記載されている情報だけではなく、実際に働いている方の話や近所に住んでいる方に評判を聞いて確認するのも大切です。

© Copyright Benefits For Company Driver Jobs. All Rights Reserved.